460-1

           
 

日誌

日々の様子
12345
2018/01/09

御宿合宿2018

Tweet ThisSend to Facebook | by:教職員

あけましておめでとうございます。
2018年も御宿の合宿からスタートです。

「チーム力の向上」をテーマに臨んだ合宿でしたが、
なかなか思うようにいきませんでした。
年末にも話をしてきた連動・連携が出来ません。
個々に真剣に練習に取り組むこと、
個々に自覚をもって行動することは人並みに出来るのですが
それが上手くまとまりません。

これは今後のチームとしての課題ですね。
少しずつですが良くなる兆しもあります、
お互いが本音をぶつけられる集団を目指しましょう。











しかし練習や食事には積極的に取り組んでくれたと思います。
特に1年生男子の顔つきは変わりました。
この合宿で感じたことをこれからの練習に活かそう!









合宿だけで強くなれるわけではありません。
この後、継続的に取り組むことが大切です。
1日1日を大切に努力していきましょう。

最後に大野荘さん、浜よしさん今年もありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。
13:47 | 投票する | 投票数(8) | コメント(0)
2017/12/27

陸上競技部、冬期練習中です

Tweet ThisSend to Facebook | by:教職員

2学期の期末考査も終わり練習を再開しました。
11月から開始した冬期練習も本格的になってきました。

昨日は千葉県の昭和の森で練習です。





普段の学校などで行ってる
トレーニングに少しアクセントを加えて練習しました。
選手たちには練習前に話をしましたが、
坂や芝生の上では学校や競技場と違いごまかしがききません。
その意識を大切に普段の練習にも取り組んでほしいと思います。







最後に今年もアスレチックで補強を行い終了です。


16:20 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0) | 今日の出来事
2017/11/07

今シーズンの全日程終了

Tweet ThisSend to Facebook | by:教職員

11月1日に熊谷文化公園周辺で行われた全国高校駅伝
埼玉県予選をもちまして、今シーズンの全日程が終了しました。

今年度も暖かい応援・ご支援ありがとうございました。

夏休みが終わってから更新がかなり滞ってしまい、
大変申し訳ありませんでした。

夏合宿が終わり9月の中旬に新人戦東部地区大会、
そこから2週間で新人戦県大会とあっという間でした。
代がかわり初めての大会、しかも男子は
主将を怪我で欠く事態となかなか厳しい船出でしたが
チーム一丸となって良く頑張ってくれたと思います。

県大会3日間は400mの決勝を棄権、
リレーは2枚看板負傷など胃が痛むことが多く起きました。
そんな中でも男子の走幅跳で金子拓海(春日部・大沼)が4位、
女子も1年生の会田圭花(越谷・東)が6位入賞を達成。

男子砲丸投では小野寺功汰(越谷・中央)、
松下佑(さいたま・川通)がそれぞれ4位・7位とダブル入賞。
どちらも高校入学後に陸上競技を始めた選手です、素晴らしい!

そして男子の4×100mR、2枚看板が怪我を抱える中、
なんとか4位入賞を果たし関東大会への出場権を獲得してくれました。
決勝を走った4人の力だけでなく予選・準決勝を走った選手、
6人全員で勝ち取った関東大会への切符です。

入賞は以上でしたが、
女子の4継・マイルはともに決勝進出まであと一歩でした。
来年は男女で県大会を突破することが大きな目標です!

また10月6日から行われた
愛媛国体少年共通800mに坂本陸(草加・両新田)が、
10月20日から名古屋で行われたU18&U20日本選手権に
坂本と2年生森田将貴(さいたま・本太)が出場しました。

坂本は国体・U20日本選手権とも決勝まであと一歩、
森田も怪我明けということもあり本来の走りが出来ませんでした。

2人ともこの悔しさは来年晴らしてくれるでしょう!
そのためにもこの冬またチーム一丸となって頑張りたいと思います。

今シーズンもご協力本当にありがとうございました。
来シーズンに向けてまた頑張っていきますので、
今後とも応援宜しくお願い致します。










09:16 | 投票する | 投票数(9) | コメント(0)
2017/08/28

夏合宿 in 妙高高原

Tweet ThisSend to Facebook | by:教職員

8月24日~27日まで
新潟県妙高市で行われた合同合宿に参加しました。

3年生が引退し2年生中心で行う最初の合宿です。
出発前のミーティングでも話をしましたが、
どこまでチームとして連携出来るかがポイントでした。

結果は可もなく不可もなくといったところでしょうか、
悪くはなかったですが小さくまとまってしまった感じ、
常に70点を目指すようなイメージを受けました。

現地で選手たちには言いましたが、
70点取れたら80点90点を目指すチームでありたいですね、
現状に満足することなく常にお互いを高められる集団でありたい。

そのためにもどこよりも
積極的な行動をとってもらいたかったと思います。

課題は明確になりました、
出来なかったのなら出来るように努力すればいい。
寧ろその課題は君たちの伸びしろです。

秋に向けてチーム一丸、頑張りましょう。




佐藤拓也先輩の講演


坂本陸先輩の講演


エアロビ中


最後に選手を代表して森田主将からお礼の言葉
12:39 | 投票する | 投票数(7) | コメント(0)
2017/08/04

全国高等学校総合体育大会 in 山形

Tweet ThisSend to Facebook | by:教職員

7月29日から山形県のNDソフトスタジアム山形で
行われた全国高校総体(インターハイ)に参加してきました。

本校陸上競技部からは坂本陸(草加・両新田)が800mに出場しました。

結果は見事6位入賞!!
本校陸上競技部としては6年ぶり2度目の全国入賞です。
予選・準決勝・決勝と全てで自己記録を更新する圧巻の走り、
本当に良く頑張ったの一言です。

関東大会が終わった段階でのランキングは23位、
決して簡単な勝負ではありませんでした。

もっと言えば昨年の関東大会で自己記録を
大幅に更新しながら決勝に進めなかったこと、
大きな大会で自分の力をなかなか発揮できなかったこと、
その間にライバルたちが記録実績両面で成果を残したこと、
この1年色々なことが彼にとってプレッシャーだったと思います。

それでもめげずにここまでひたむきに努力を続け
全国の舞台でその力を如何なく発揮した精神力に感服します。

本当におめでとう!!







1・2年生の皆さん、中学時代の実績は
全く関係ないことを先輩が証明してくれました。

努力も成果も継続することが大切です、
「来年は自分が」という強い気持ちを持ってください。
君たちも必ずできます、みんなで秋に
喜べるようにこの夏1日1日を大切に過ごしましょう。

最後に今回もお忙しい中、山形まで足を
運んでいただいた皆さま本当にありがとうございました。
16:42 | 投票する | 投票数(9) | コメント(0)
2017/07/18

国体東部地区予選会

Tweet ThisSend to Facebook | by:教職員

7月15・16日と国体の東部地区予選が行われました。
本校陸上競技部はこの大会をもって3年生が引退、
そして1年生がデビューとなりました。

まずは37回生の皆さん、お疲れさまでした。
個人的にはこの2年半はあっという間だったと感じています。
苦難をともに乗り越え、
一緒に新しいものを作ってこれたことを私は忘れません。
実績のなかった子たちがコツコツ努力したことで
大きな成果を残してくれたことはチームの財産だと思います。

これからはまず進路実現、頑張りましょう!
そしていつまでも仲間を大切に。

2年生の皆さん、これからは君たちの時代です。
3年生が積み上げてきたものにどれだけ自分たちの色をだせるか、
勝負は他校の選手とだけではありません、
競技力だけでなく色々な面で先輩たちを越えられるよう
一致団結して新たにチャレンジしていきましょう。

1年生の皆さん、自分たちの力はどうでしたか?
ひたむきに努力することで
成果を残せることを3年生は証明してくれました。
「目標と課題」を明確に、この夏、頑張りましょう!

最後に3年生の保護者の皆さま、
ここまで本当にありがとうございました。
保護者の方々のご理解とご協力の
おかげでここまでやりきることが出来たと思います。
今後とも応援宜しくお願い致します。ありがとうございました。



07:37 | 投票する | 投票数(6) | コメント(0)
2017/06/26

埼玉選手権大会

Tweet ThisSend to Facebook | by:教職員

6月23日~25日までの3日間、
熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で埼玉選手権大会が行われました。

結果は800mで坂本陸が見事優勝、
先週の関東大会から休みなくの大会でしたが良い走りをしてくれました。
インターハイに向けて実りあるレースだったと思います。

また男女のリレーは秋を見据えて2年生中心のオーダーで臨みました。
成果と課題、どちらも確認することができ収穫となりました。

これで期末考査期間のために、活動は一度休みになります。
まずはしっかりと勉強すること、学業優先!
苦手なこともコツコツ頑張りましょう!
07:05 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0)
2017/06/19

全国高校総体出場決定‼

Tweet ThisSend to Facebook | by:教職員

6月16日~19日まで千葉県総合スポーツセンター陸上競技場で
開催された関東高等学校陸上競技大会に6種目11名で参加してきました。

結果は男子800mで坂本陸(草加・両新田)が見事に4位入賞、
チームとして2年ぶりのインターハイ出場権を獲得してくれました。
昨年の関東大会以降、なかなか大きい大会で自分のレースが
出来ずフラストレーションが溜まることもあったと思いますが、
今回はひとつ自分の殻を破るキッカケとなるレースをしてくれました。

ここで満足せず、インターハイも頑張りましょう!

男子の100mでは2年生の
森田将貴(さいたま・本太)が予選で10秒78をマーク。
残念ながら準決勝で敗退でしたが、10月に愛知で行われる
U18日本選手権の標準を突破し出場権を獲得してくれました。

その他の走幅跳、5000mW、3000mSC、4×400mRも
結果は伴いませんでしたが、それぞれが頑張ってくれました。

中学校時代、県大会にすら出場したことのない子たち、
それどころか野球部やバレー部で陸上未経験者だった子たちが
コツコツと練習を積み重ねた結果、
全国大会の出場権をかけて関東の強豪選手と勝負をする。

それだけでも立派な成長だと思います。
1・2年生もそういった先輩たちの背中をみて
ひたむきに努力を重ねていく大切さを学んでください。

このメンバーで一緒に活動出来るのもあと一ヵ月!
悔いなくみんなで頑張りましょう‼

最後に今回もお忙しい中、校長先生をはじめ多くの
保護者の方やOBOGの方に会場まで足を運んでいただきました。
皆さまの応援は本当に選手の力になったと思います。
ありがとうございました。
山形インターハイ頑張りますので、また応援宜しくお願い致します。



18:01 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)
2017/05/16

学校総体埼玉県予選

Tweet ThisSend to Facebook | by:教職員

昨日まで4日間、
熊谷スポーツ文化公園にて学校総体埼玉県予選が行われました。

選手たちは本当に良く頑張ってくれました。
初日の男子走幅跳では2年生の金子拓海(春日部・大沼)が
関東大会出場ギリギリの6位入賞、大会直前の怪我などありましたが、
練習時からずっと話してきた通りに1本目しっかりと集中して
記録を残してくれたことが勝因だったと思います。
それ以外にも男女の4継がチームベストを大幅に更新する走りを
見せてくれるなど幸先の良いスタートがきれました。

2日目は男子の100mで森田将貴(さいたま・本太)が4位入賞。
雨の降る悪天候の中、10秒台を3本しっかりと揃えて3本目の決勝で
見事に自己ベストを更新する10秒83。良く頑張ってくれました。
男子の4×100mRは残念ながら
関東大会の出場権は獲得できませんでしたが7位入賞です。

3日目は男子800mで坂本陸(草加・両新田)が4位、
5000mWで池浦凱(越谷北)3位とダブルで入賞。
800mは関東・インターハイでリベンジしましょう!!

最終日は3000mSCで森山拓(さいたま・片柳)が3位、
男子の4×400mRでは野邉・森田・長嶋・坂本のオーダーで5位入賞

それ以外の選手たちの多くも自己記録を更新してくれました。

そして最後にこっそり狙っていた男子総合入賞、
見事に第6位に入賞することが出来ました。
指導者としてはどの入賞も嬉しいのですが、
やはり総合での入賞は格別です。ひとりでは総合入賞できません。
今回は男子が入賞してくれましたが、男子の力だけでもありません。
女子の応援やマネージャーの協力あっての総合入賞。
本当に男女・学年すべての垣根を超えてチームとして勝ち取った入賞!!
本当に頑張りました!おめでとう!!関東も頑張りましょう!

応援に来てくださった保護者の皆さま、OBOGの皆さま、
本当にありがとうございました。関東大会も頑張りますので、
今後も応援宜しくお願い致します。



20:45 | 投票する | 投票数(7) | コメント(0)
2017/04/24

学校総体東部地区予選

Tweet ThisSend to Facebook | by:教職員

いよいよ2017シーズンが開幕しました。

4月21日から23日までの3日間、
越谷のしらこばと運動公園陸上競技場で
学校総体東部地区予選が行われました。

結果は男子が総合準優勝・女子が総合5位入賞、
また個人種目でも多くの種目で県大会出場が決まりました。

しかし男子の総合をはじめ、多くの種目で
準優勝や僅差での負けが目立った試合だったとも思います。

高校生の試合はどんなに速く走っても、
どんなに遠くに跳んでも投げても負けてしまうと次に進めません。

3週間後の埼玉県大会ではもっと厳しい戦いが待っているはず、
今度は僅差の勝負を制することが出来るように、
そのために何が必要かを個人個人、またチームとし
突き詰めながら1日1日を大切に練習していきましょう。

最後にお忙しい中、応援に来ていただいた
保護者・OBOGの皆さま大変ありがとうございました。
皆様の応援が選手の力になったと思います。

5月12日からの県大会もチーム一丸で戦いますので、
また応援のほど宜しくお願い致します。
15:45 | 投票する | 投票数(8) | コメント(0)
12345

カウンタ

2013年3月からの訪問者60483名です
顧問紹介
  細谷 俊   竹林 英一      栗原 渉

 
練習計画

 中学生の皆さんへ
  越谷西高校陸上競技部に興味がある方、ご質問等ございましたら
 お気軽にご連絡ください。また練習見学も随時行っております。

 予定表はこちらから
   平成29年度1月予定表.pdf
 平成29年度2月予定表.pdf
 平成29年度3月予定表.pdf

 連絡先:048-977-4155
 顧問:細谷 俊 
 
  
 
試合予定
<2017年度>
 7/29~8/2   全国高校総体     山形県天童市陸上競技場
 8/11     国体最終予選     上尾運動公園陸上競技場
 9/16~17  東部地区新人大会   しらこばと陸上競技場
 9/28~30  県高校新人大会    熊谷スポーツ文化公園
 10/6~10    国民体育大会     愛媛県総合運動公園陸上競技場
 10/20~22  U18・20日本選手権  名古屋パロマ瑞穂スタジアム
 11/1     県高校駅伝      熊谷スポーツ文化公園
 
 
合宿情報
 合宿の様子などをお知らせします!
 
2015年御宿合宿
今年も練習開始は"御宿"から。
御宿に集合した部員に変化が、、、 何と男子の2年生が"ビー玉頭"に、、、
みんなで合宿にしっかり取り組もうと、頭を丸めてきました。
         (ビー玉軍団)写真参照


今年は合宿に参加する意気込みがすごいなと感じました。
3日めには後半雨に遭いましたが、生徒は気持ちを切らさずにトレーニングに取り組んでくれました。
新年早々の合宿のため、体の準備が大変ですが、正月から自主トレーニングを積んで望んでくれたことで、大きな成果が得られました。
大野荘の皆さん、大変お世話になりました。今年も相当量のご飯をいただきました。(写真参照:お代わりに並ぶ列です!)ありがとうございました。


以下はトレーニング風景です






 
2014年御宿合宿
今年も天候に恵まれて、無事に合宿を行う事が出来ました。例年より、意識的には低い状況で新年を迎えてしまいましたが、ここからがスタートだと思って、取り組んでくれました。
御宿・大野荘さんには、毎年の事ながら新年早々ありがとうございます。たくさんのご飯を頂きました。










 
2013御宿合宿
今年も御宿合宿が終了しました。毎年のことながら、この合宿で来シーズンが占えることもあり、皆集中してトレーニングできました。最後の練習後にキャプテンの抱負もありました。今年は苦労するでしょうが、全員で力を合わせていって欲しいですね!
 
妙高合宿 2012
今年も夏は妙高に行きます。
8月24日(金)~27日(月)の予定です。
 
2011御宿
今年も練習はじめは、千葉県御宿の砂浜です。御宿での合宿も6回目になり、かなりの成果を期待できるようになってきました。大野荘さんも5年目。すっかり生徒の大食いぶりも覚えていただき、豊富な食事が用意されました。3年生も2名参加して、より強固な合宿を行うことができました。

 
妙高合宿
昨年は,長距離とリレーメンバーだけで行った合宿でしたが、今年は全体合宿にしました。
長距離は恵まれたコースで、秋に向けて走り込みを中心に行いました。短距離は全天候トラックをほぼ貸し切り状態で、技術練習を中心に行ってきました。
合宿で行ってきたことを、普段の生活で実践していくことが大切です。食事もトレーニング意識も忘れずに続けましょう!
 
御宿合宿
今年も練習はじめは「御宿合宿」でした。
この合宿を効果的に乗り切れば、シーズンの成果が期待できることから、皆精一杯頑張ってくれました。はじめは「本気」になりきれない人もいましたが、徐々に覇気が出てきたように感じました。

毎年お世話になっている「大野荘」の皆さんには本当に感謝します。
食べ過ぎでご迷惑をおかけしました。(貴広君受験頑張れ!)
 

リンク

 
     
 
 
 
 JOC
 
 
 
 
churasima_bana.gif   [ 3329  bytes ] 
 
 

TOP

陸上競技部

Koshigaya-West track&field 
その昔、この地では鷹狩りが行われていたという。その地に開校した「越谷西高校」は、鷹狩りの鷹が目標を定めて大空をとぶ姿にならい、鷹をシンボルマークにしている。校内には「空を翔(かけ)る鷹のようにはばたいてほしい」という願いを込めて、校門から入り左手に鷹の像があり、校門正面には、「翔鷹(しょうよう)」の2文字が刻まれている。私たち陸上競技部員がここで有意義な3年間を過ごす上で、この言葉は大きな意味を持っている。私たちのTシャツの背中に大きく書かれた「翔鷹」は私たちが目標に向かって翔(かけ)ていこうとする意気込みでもある。
 
 
大会情報  
各大会の結果などをお知らせします
 

和歌山インターハイ

7月30日から8月3日まで、近畿総合体育大会:和歌山インターハイへ行ってきました。
連日快晴の天候に恵まれ、全国のアスリートとしのぎを削ってきました。今年は4×400mRの出場です。年々短距離のレベルは上がってきていて、4×100mRも40秒台でなければ、レースにならない。女子でも46秒台が条件になっていくるようです。

関東の時よりは、良い状態で参加できましたが、残念ながら良い流れに乗れず予選落ち。残念です。
3分15秒台の記録が準決勝への条件になりました。狙えないタイムではなかったですが、やや、雰囲気にのまれ場面もありました。

2年生が3名メンバーに入っているので、これからの1年間でどのような意識でトレーニングできるのかが、大切になりました。

本校は、高校へ来てから意識が変わり、競技力が上がる選手ばかり。日々の努力と鍛錬で、こんなにも競技力が上がり、実績を残せたことには、大きな評価です。
又、保護者の方々には、遠路にもかかわらず多数応援に足を運んでいただき、ありがとうございました。お子さんの雄姿を目に焼き付けていただけたことと思います。まだまだ暑い夏は続きますが、ご協力をお願いいたします。

 

関東大会

4日間の戦いが終わりました。7種目で出場し、前半は非常に苦しい戦いになりました。8種競技は自己新更新ならず。自分のレースが出来ず、周りばかり気にしてしまいました。100mと200mの吉田は、語れば長くなります。精神的にも私自身がマイッてしまうほどの状況でした。女子200mの荒井は自己新記録更新の好レース。LJの田崎は2年生の若さと精神的な面で苦労しました。残念ながら決勝進出は果たせませんでした。女子マイルはチーム記録に近い記録を出しましたが、残念ながら決勝進出を逃してしまいます。最後の男子マイルは厳しい組の中で予選第2位で決勝に進出をしました。最終日の決勝に向けて、たくさんの不安材料を抱えていましたが、前夜女子を中心に決勝に向けて鶴を折ってくれました。
そのおかげもあって、最終日の決勝は見事3分16秒で第4位。インターハイ出場を決めました。

この生徒たちはインターハイに出場した経験がありません。ここが弱さのひとつだったのですが、よく達成してくれました。




















6月19日から山梨県で開催されます。
選手以外の部員も20日(土)、21日(日)、22日(月)の3日間応援に行きます。ご案内のように、バス代がかかりますがよろしくお願いします。

競技日程です
14kyougi-nittei-0509.pdf
 

学校総合県大会

今年は大健闘してくれました。
東部地区大会では、残念ながら男女とも総合優勝をするという目標は達成できませんでしたが、男女で200点以上の得点をして、勢いがついていたところでした。
県大会は4日間。初日は苦戦でした。東部地区1位の幅跳びや男女のリレーが決勝に残れませんでした。気持ちを切り替え2日目に。
2日目は男子100m、混成八種競技が関東出場を決めました。惜しくも7位だった女子100mはなんと3/1000秒差でした。
3日目は男子200m、女子200m、女子走り幅跳びが関東出場を決めました。どのレースもドキドキでしたが、走り幅跳びは同記録でセカンド勝負で出場を決めました。女子200mは昨日の100mの屈辱です。
4日目は男子の4×400mRと女子の4×400mRが関東出場を決めました。男子は優勝を狙っての第3位、女子は本当に記録を伸ばしてくれ、上出来の成果でした。
7種目16名の関東大会出場が決まりましたが、入賞種目は11種目にのぼり、2年生での活躍もありました。これからに期待です。

うちの選手は中学時代から栄光のある選手は1人もいません。みな本当に意識を高く持って、成長してくれました。成長ぶりは絶対県内一位です!

今回関東出場できなくても、自己記録を更新したり、目標を達成した生徒も多くいます。また次の目標に向かって、みな努力していきましょう!

 

東部地区新人大会

久しぶり(昨年の8月以来)のしらこばとでの開催になりました。
男子は95点、女子も95点の目標点数で望んだ大会です。
総合順位は気にせずに,自分たちのチーム力としての「総合得点」を目指す体制でした。

男子は4×100mRでバトンミスがあり、無得点。他にも取りこぼしがあり,結果90.5点でした。うまく行くと108点はとれたかという状況でした。
女子はいくつかの取りこぼしもありましたが、108.5点! なんと100点越えを達成しました。
男女併せて,199点。ほんとによくがんばりました。女子は総合優勝まであと1点ということで、かなり悔しがっていましたが,目標を大きく上回って,上出来だと褒めました。
もし,悔しい気持ちがあるなら、これからのトレーニングにぶつけようと話しました。

今回は保護者の方々にも多く応援に参加していただき、大変ありがとうございました。



 

関東高校

今年の関東大会は、昨年秋の関東選抜大会と同じ「麻溝陸上競技場(神奈川)」で開催されました。男子4×100mRの出場でした。県大会では第6位とぎりぎりでの出場権獲得でしたが、この1ヶ月で選手は一回り成長してくれました。県大会で第2位の春日部東、第3位の松山が予選落ちしていく中、見事記録を5/10秒アップして、41”73で決勝に進出しました。残念ながら決勝では第8位と、インターハイへの出場は果たせませんでしたが、よくがんばってくれました。

 

学校総合体育大会

今年はリレー中心のチームで望みました。
男子4×100mRが見事関東大会に出場決定!残念ながら男子4×400mRは7位で惜しくも関東出場を逃してしまいました。
 

県新人大会

9月の25日~27日で実施されました。もともと県大会出場者も少ないチームですが、かなりの成果を収めてくれました。
<男子>
400m     百木 第6位
ハンマー投  渡辺 第6位
4×100mR  青木・栗原・赤石・吉田  第6位
4×400mR  黒川・山口・松原・百木  第4位
<女子>
砲丸投     中島 第7位
 
それぞれ自己記録更新で成果を残してくれました。それ以外の選手も大きく自己記録を更新した生徒が多かったです。
 
関東選抜新人大会には、男子400mの百木が繰り上げで出場出来ることになりました。男子4×400mRは惜しかったのですが、来年大爆発を約束しました!
 
男子400mの百木

男子4×400mRメンバー
 

東部新人大会

しらこばと競技場が先日の竜巻被害で、使用できなくなりました。
東部地区大会は「熊谷スポーツ文化公園、補助競技場」で実施する予定です。
交通費など負担をおかけしますが、よろしくお願いします。

 

学校総合県大会

今年は非常に苦労した県大会でした。2年生に故障者がいたため、男子のリレーは4×100mRも4×400mRも最強メンバーで組めませんでした。非常に残念な状況でした。そんな中で、初日のハンマー投げで宮原が6位入賞、2日目同じ宮原が砲丸投で第4位、400mHの森山はナンと優勝を勝ち取りました。中学時代には県大会にも出場することが出来なかった選手が、高校で県優勝!本当に成長してくれました。関東大会には以上の3種目2名が出場です。本当に苦労した選手層の大会の中で、良く頑張ってくれました。
400mH優勝  森山 史孝
ハンマー砲丸2種目 宮原 大貴
 

埼玉選手権

関東高校から2週間後、埼玉選手権に男女のリレーと8種目の個人種目に出場しました。関東前の体調不良から関東で不調だった「400mH:樽川」が大健闘。いきなり予選で63”22の自己記録を出し、決勝でも63秒台。見事第3位入賞!
男子4×400mRも大健闘。キャプテン森をメンバーにいれ、関東のリベンジ。決勝ではなんと3'16"46のチーム新で第4位。すばらしいレースをしてくれました。このメンバーは昨年秋の地区新人戦のレースでは、予選・決勝ともどうやっても3’31”を切れなかったチームです。そのチームが1年で15秒もタイムを縮めてくれました。本当に良く頑張りました!
両種目とも、群馬県で8/24日~開催される「関東選手権」への出場権を獲得。3年生ですが、是非出場したいと言うことなので、又群馬へ行きます!

 

関東高校 in群馬

ランキング的には非常に苦しい関東大会。一つでもインターハイへつなげてあげたいと思い、最後の最後まで選手も力を発揮してくれました。
結果、男子HJ:第10位、女子400mH:組3位でプラスならず、男子4×400mRに至っては、組3位ながら記録的には8位、プラスの3番目で決勝進出が出来ませんでした。非常に惜しい試合になりました。ただ、男子4×400mRメンバーは本当に良く成長してくれました。学校生活や部活動の中での役割など、入学時とは雲泥の差。この成長は大いに評価に値します。
 

学校総合県大会

今年はメンバー的に非常に苦しい年です。昨年までのように、リレーで県優勝や全国入賞を目指すといったチームではありません。部員は一生懸命取り組んでいますが、他校の選手とは層が違います。それでも本当に良く頑張ってくれました。関東大会へは出場が難しいのではないかと思っていたのに、3種目出場が決まりました。しかも、一つはマイルリレー。リレーが関東にすすむことはチームにも大きな成果と力になります。マイルメンバーはここへ来て、本当に陸上競技の取り組み方が分かったようです。奇跡の入賞を果たしてくれました。
尚、保護者の方々も連日多数応援に足を運んでくれました。遠い熊谷まで本当にありがとうございます。保護者の熱心な応援で成果が出たと感じてます。
400mHの樽川
 
走高跳の森(キャプテン)
 
マイルメンバー(奇跡の4人)

 

山口国体

全国制覇 達成!
本年度高校最高記録47"00
佐藤拓也が山口国体少年男子400mで見事優勝しました。タイムは47"00で、今期高校最高記録も達成です。本人にとっては初の国民体育大会。十分な準備をすすめてきたいとはいえ、不安な精神状態で臨むことになりましたが、予選から一本一本のレースに課題を持ち、それを修正しながらの自己新記録となりました。やはり本人も獲りたかったチャンピオンの座。本人の努力と精神力で達成してくれました。本当におめでとう!
 
 

 

北東北インターハイ

今年は大きな成果を残せました。多分本校初(開校33年目)で初めて全国入賞を果たしてくれました。本当にすばらしいことです。第4位入賞の佐藤は今年大きく記録を伸ばししきて、まさに全国にあわせてくるかのように成果が出てきました。競技者としても高校生としても本当によく取り組んでくれた結果だと思います。
又、17名のインターハイ出場は全国でも稀なほどの大人数での参加となりました。多分全国でも上位20校に入る人数の出場です。体調管理や移動が大変になることもありますが、体調を崩す選手もなく、8日間の遠征が出来ました。移動も学校の配慮でバスでの遠征が出来、スムーズな移動が出来ました。
男子マイルリレーも全国でベスト記録を更新して、準決勝まで駒を進めることが出来ました。3分15秒まで記録を伸ばせたわけですが、あと決勝まで一歩のところまできました。
遠征にあたって、女子選手がミサンガを全員分つくってくれました。全員で気持ちを一つにして出場種目に集中することが出来ました。本当に多くの力がプラスして結果を残すことが出来ました。感謝の気持ちで一杯です。遠く北上まで応援に足を運んでいただいた校長先生をはじめ、たくさんの協力ありがとうございました。
  
 
 

関東高校

6月17日~20日に関東高校が千葉県で開催されました。18名の選手で臨んだ大会でしたが、好成績が残せました。
男子200mと男子400mの2冠を達成した 佐藤拓哉
県大会5位の男4×100mRが5位入賞、同じく県5位の女子4×100mRも5位入賞。
男子4×400mRは3'16秒台で準優勝と、5種目17名のインターハイ出場が決まりました。
岩手県北上で開催される、北東北大会にこれだけ多くの選手が参加できたことは、日頃からご協力いただける家庭や学校のおかげです。感謝申し上げます。
そして、男子は関東総合第8位と関東で名をあげることが出来ました。本当に成果を残せた大会でした。
男子4×100mRメンバー
200mと400m2冠の佐藤拓哉
3年連続出場の女子4×100mRメンバー
準優勝の男子4×400mRメンバー 
 

2011学校総合県大会

県大会が終了しました。毎年のことですが、この4日間は大変精神的疲労が多く、苦慮する時期でもあります。今年は試合前に色々あって、準備にもかなり気を遣ってきました。
結果、7種目・18名の関東大会出場が決まりました。3年連続リレーが3種目出場が決まりましたが、男子の4×100mRは初出場です。
 

県新人大会

10月8日から3日間開催された「県新人大会」。今年は国体から帰ってから2日しか練習を見ることが出来ず、かなり不安な中で試合をむかえてしまいました。
その中で、男子の4×400mRは競り合いに勝ち見事優勝、さらに3分20秒を切るタイムを出せました。又、佐藤は200mと400mで2位入賞。関東選抜への出場を決めました。しかもタイムも400mでは48秒台に入ることが出来ました。
               
 

沖縄インターハイ

7月26日から8泊9日のながい日程で沖縄インターハイへ遠征してきました。終業式時に壮行会を実施していただき、選手も意気込みを述べてくれました。14名:4種目でよく頑張ってくれましたが、本当に惜しいところで準決勝進出を逃してしまいました。また、来年への課題が出来ました。毎年リレーが全国に出場してくれています。それも男女とも出場です。インターハイ参加人数も県内で埼玉栄に続き二番目。全国でもかなり上位の人数参加です。これを入賞につなげることがこれからの課題です。

心配していた”ハブ"には遭遇しませんでしたが、前半はスコールに見舞われる悪天候に泣かされました。
 

関東大会

関東大会2日目、女子100m第3位、女子4×100mR優勝!インターハイ決定!
もちろん関東初制覇!目標を現実にしました!
3日目には、女子200mで第4位。
そして最終日には男子4×400mRで見事6位入賞!男子も沖縄行きを決めました。
 
 
 
  
 
 
 
学校総合県大会
 
学校総合県大会で、女子100m、200mで優勝、4×100mRで準優勝、4×400mRで第4位、男子では400mで第5位、4×400mRで第4位に入賞を果たし、関東大会へ18名が出場することになりました!
 
 
 
 
学校総合東部地区大会
学校総合東部地区大会が終わりました。短距離種目はほとんど制覇できたことと、何といっても全リレー(4種目)をすべて優勝できたことが大きな成果でした。天候と風に恵まれませんでしたが、良いレースが出来ました。県大会までは13日しかありませんが、最高の調整をしていきます。
 
 
 

国民体育大会

10月2日から6日まで「ときめき新潟国体」に少年B女子100mとリレーに出場してきました。100mは準決勝で残念ながら敗退してしまいましたが、記録につながる走りができました。そして、4×100mリレーでは、埼玉県チームが「優勝」!! 西山は第2走者で出場! 全国の頂点に立つことができました。リレーは一人100m走るのではなく、四人で400m走るレース。本当にいいチームで思い出が作れました。

 

奈良インターハイ

7/27から8日間、奈良インターハイに参加してきました。男女のリレーが出場したこともあり、大人数での参加になりました。今年は残念ながら全国入賞はできませんでしたが、来年以降全国入賞に向けての意欲は大きくなりました。